蓋をする

肌の保湿力を高めるためには、美容成分がたっぷりと入った化粧品でスキンケアするのが大切です。
しかし、水分や栄養分をいくら与えてあげても、肌がそれをキープすることができなかったら、どんどん蒸発していって水分量が減少してしまいます。
そのためにも、エモリエント効果のある成分が配合された化粧品を使うのが最適です。
エモリエント成分には、肌を柔らかくして、水分などを肌から逃がさないように膜を張って、保護する働きがあります。
このエモリエント成分の優れたところは、水に溶けたり混じったりせずに水分をキープできるという点です。
専用の保湿剤も効果がありますが、美容オイルなどもこのエモリエント効果が高く、長時間潤いを閉じ込めておく働きがあります。

寒い冬は肌が乾燥しがちですし、風邪やインフルエンザも流行る時期なので、マスクをしている方が多く見られます。
このマスクは風邪予防などに役立つ他、保湿にも大いに役立つのです。
マスクをしていると紫外線や大気中の有害な物質やほこりなどから、肌を守ることができます。
また、マスクが肌の水分が蒸発するのを防いでくれて、マスク内の息が肌に潤いを与えてくれます。
そして、寒い冬の空気から肌を守ってくれるので、血行がよくなり様々な肌トラブルを改善するのに役立ちます。
最近ではマスクも高機能になってきて、マスクが濡れたようになるフィルターなども販売されていて、これが肌の乾燥を防いでくれます。
マスク選びのポイントとしては、口元全体を包んでくれる大きめなタイプが良いでしょう。